生産管理の仕事内容(業務内容)


■生産管理の仕事内容(業務内容)について説明します。

生産管理の仕事は、非常に多岐にわたります。

生産管理は、企業に必要な、品質(Q)、コスト(C)、納期(D)の納期(Delivery)の全責任を持っています。
部署は、生産管理部です。

非常に重要な仕事です。

多くの部門との調整が必要になります。

組織や、生産方式、会社によって異なっています。

一般的な企業の場合です。

次のような仕事があります。

  1. まず長期の市場動向や戦略に基づき長期(6年先など)の利益計画、売り上げ計画を 作成します。

  2. 次にその売上計画に基づき設備の投資計画を作成します。

  3. その設備の投資計画に基づき年間の売上計画が作成します。

  4. その売上計画に基づき生産能力計画が作成します。

  5. 四半期の出荷計画、売上計画、利益計画を作成します。

  6. 需要予測データの作成、チェック、修正をします。

  7. 需要予測精度の検証をします。

  8. 受注に対する納期回答をします。

  9. 生産計画を作成します。

  10. 部品、原材料の調達・発注計画を作成します。

  11. 生産の過不足の調査及び対策をおこないます。

  12. 納期の督促の回答及び対策をおこないます。

  13. 生産計画の進捗管理をおこないます。

  14. 部品計画の進捗管理をおこないます。

  15. 在庫の確認をおこないます。
    システムがない場合は、棚卸しをする必要があります。

  16. 在庫レベルのチェックをおこないます。

  17. 品質問題の納期の対応をおこないます。

  18. 製造遅れの納期の対応をおこないます。

などです。

生産管理システムがある場合は、以下の仕事が追加されます。

  1. システムがある場合は、新製品のマスタメンテナンスをおこないます。

  2. 製品名、サイクルタイム、歩留まりの入力、更新をおこないます。

  3. 部品表などの作成、更新をおこないます。

  4. エラーのメンテナンスをおこないます。

などです。

参考にしてください。






[↑一番上へ]
[実務に役立つ生産管理(ホームへ)]
09:400110

運営者