生産管理担当者に必要な知識と能力


■生産管理の担当者に必要な知識と能力について説明します。

生産管理の目的は、お客様に製品を出荷することです。

そのために必要な知識や能力です。
かなり、広範囲です。


■1.必要な知識

生産管理担当者に必要な知識です。

  • IEの知識

  • QC七つ道具

  • 生産管理の外部情報

  • パソコンスキル

  • 日本語のビジネスメールの作成方法

  • 英語のビジネスメールの作成方法

  • 生産管理と英語

  • 生産管理と経理の知識

  • 原価管理

などです。

重要な内容については、別途、説明します。


■2.必要な能力

生産管理担当者に必要な能力です。

  • 必要なデータを抽出できる能力
    生産管理は、データが非常に重要ですので、データを抽出できる能力があればよいですね。
    自分が出来なくても、組織として、分担できればよいと思います。

  • 会社、工場の全体の知識があること。
    浅く、広い知識があること。

  • 経理の一般的な知識があること
    貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書や、在庫などの経理の知識は必要です。

  • 製品、部品に対してある程度の知識があること。
    工程、生産能力、製造方法、歩留まり、品質などです。
    そうしないと、品質管理部門や技術部門、製造部門からやり込められます。
    説得する必要があります。

  • 問題に対して他部署をまとめることができる、
    対策案をまとめて、コーディネートできることが必要です。 
    最後まで、あきらめない。

  • 顔が広いこと
    品質、製造、営業、技術、開発などのキーパーソンと交渉できることが必要です。 
     
  • 情報の収集
    現在の世の中の動きに敏感である。
    競合他社の動きや経済の動きに気をつけておく必要があります。

  • 信頼があること
    他部門や上の人からの信頼があること
    部署のキーパーソンからの信頼があること。

  • 臨機応変に対応できること。
    状況に応じて対応できることが必要です。
    お客様の納期は絶対に守らなければいけません。

  • 前向きに対処できること。明るいこと。

  • 数字に強いこと
    売上計画、利益計画、在庫、生産能力、部品展開、生産管理システムのMRP、数字を扱う機会が多いので数字に強い方がいいですね。

などです。

たくさんありますね。
それだけ、重要な部署だということですね。






[↑一番上へ]
[実務に役立つ生産管理(ホームへ)]
09:400110

運営者