納期についての考え方


■皆さんは、納期について考えたことがありますか?

お客様からの注文の、納期はいくつあるでしょうか?

実は、2つあります。

  1. ひとつは、要求納期(Customer Request Date)です。
    お客様からの要求された納期です。
  2. もうひとつは、約束納期(Customer Commit Date)です。
    お客様への出荷できると約束した納期です。

では、質問です。

「お客様への納期の達成率(遵守率)が悪かった」と言う場合の納期はどちらでしょう?

難しいですね。

ある人は、「要求納期に対するものだ。」と言います。

ある人は、「約束納期に対するものだ。」と言います。

どちらも正しいのです。

どちらの達成率も必要です。

でも、それぞれの達成率が悪い場合の原因、対策は、異なります。

■約束納期は、生産出荷する方が、この納期だと守れると言うことでコミット(約束)した納期ですね。

これは、会社が約束したものですから絶対に守る義務があります。
約束納期に対しては、守れない原因は、社内の体制の問題にあります。

アメリカでは、この約束納期が守れない場合、賠償などが発生する場合があります。

お客様は、この約束納期に基づいて自社の工程の準備を行っている場合もあります。
約束納期を守るのは絶対に必要です。

守れない原因の例としては、

  • 約束納期の設定が間違っていた。
  • 原材料、部品不足
  • 生産能力の不足
  • 人員の不足
  • 工程の品質問題

などがあります。

■要求納期は、お客様から要求された納期ですね。

無理な注文もあるかもしれません。

今日、注文を入れて、在庫もなく、今から生産しても10日先しか出荷できない場合、
明日出荷してくれなんて出来ませんよね。

達成率が悪い場合、
原因は、お客様によるものと、社内の悪さによるものがあります。

お客様の原因としては、

  • 製造のリードタイム上、間に合わない無理な注文である
  • 数量の変更(急激な増加)
  • 注文の前倒し(要求納期の前倒し)

などがあります。

社内の原因は、上の約束納期を守れない原因と同じです。

■どうしたらよいでしょうか?

■別の視点で考えてみましょう
 こういう場合は、あなたなら、どうしますか?

例えば、「ある仕事を明日までにやってくれ」と頼まれた場合、

  1. 明日までには、出来ないので出来る日を答える。
  2. 出来ないけどオーケーする。

皆さんは、2ですか?

そうですね。1ですね。
もし、2でオーケーして、できないとき、信用を失って次から仕事が来なくなります。
取引がなくなります。

■お客様は、最終的には要求納期を、守ることを要求してきます。

■では、どのようにしたら良いでしょうか?

  1. まず、企業の、生産能力、原材料、部品、製造などを考えて約束納期を決めることです。
    緊急品などを考えて余裕を持たせたほうがよい場合もあります。 
  2. 次に、約束納期を絶対に守ることです。 
  3. 最後に、約束納期を要求納期に近づけることです。
この「3」番目の対策には

  • 注文のリードタイム(受注日から要求納期日まで)が製造のサイクルより物理的に短い場合は、見込み生産などを行います。 (内示情報などを活用します。)
  • 在庫に対して注文の引き当ての変更(ペギング)などを行います。






[↑一番上へ]
[実務に役立つ生産管理(ホームへ)]
09:410110

運営者