製品の生産計画と原材料/部品の調達計画の立て方


製品の生産計画と原材料/部品の調達計画の立て方を説明します。

■製品の「生産計画」や、原材料/部品の「調達計画」は、一般的に以下のように作成します。
業種によっては、一部異なっています。

■(1)生産計画・調達計画の作成ステップ
 
「生産管理システム」は以下の順番に製品の「生産計画」や、原材料/部品の「調達計画」を作成します。

  1. 需要・受注データの取り込みます。

  2. 完成品在庫・仕掛り在庫・原材料部品在庫データの取り込みます。

  3. 生産能力を取り込みます。

  4. 需要・受注データと在庫データで製品の正味必要数量を計算します。

  5. 生産能力に合わせこんだ生産計画の作成します。

  6. 部品展開をして、原材料/部品の必要数量を計算します。

  7. 原材料/部品の必要数量と原材料/部品の在庫から原材料/部品の正味必要数量を計算します。

  8. 原材料/部品の調達計画を作成します。

  9. 生産計画、調達計画、生産能力、注文、納期情報などの帳票をを作成します。

「生産管理のシステム」によっては、
製品の正味必要数量を計算する場合、注文別ではなく、製品別に週別に丸めて計算する場合があります。これが、「MRP」と呼ばれているやり方です。
 

■(2)生産計画のやり方

生産計画のやり方は、大きく2つあります。

  1. 押し出し方式
  2. 引っ張り方式(プル方式/ジャストインタイム方式/サプライチェーン)

(2-1)押し出し方式

MRPやMRP2が押し出し方式です。
上記の(1)で説明したやり方です。
生産のリードタイムが長い業種やロットでの生産、加工に適しています。
納期から製造のリードタイムを前倒して「生産計画」を作ります。
「週別の生産計画」が多くみられます。

(2-2)引っ張り方式

「ジャストインタイム方式」、「サプライチェンチェーン」、「プル方式」などと呼んでいます。
トヨタのカンバン方式や、デルコンピュータのやり方です。
足らない分を前の工程に要求してゆきます。
部品を使って製品を組み立てていく業種に適しています。






[↑一番上へ]
[実務に役立つ生産管理(ホームへ)]
09:410110

運営者