生産管理はなぜ必要か


■生産管理は、なぜ必要なのでしょうか?

多くの企業で困っている問題は、
売りたいときに製品がなく、売れないときに製品が余っているということです。

部品や原材料も同じです。
製品を作ろうとしたときにその製品を作るための原材料や部品がなく、不必要な原材料や部品が多くあることです。

その結果、売上げがや利益が少なくなります。

不必要な在庫があると部品や原材料の購入コストや在庫の保管コストなどが必要になります。
現金の「資金繰り」が大変になります。
現金が不足すると倒産する場合があります。

もし、製品や原材料、部品がいらなくなって廃棄したときは損失になってしまいます。
利益が減少します。

■この問題を解決するのが「生産管理」です。

「生産管理」は、製造販売している企業では一番重要な機能です。

「生産管理」は、販売、資材購買、製造、物流、品質など多くに関係しているため活動の範囲が広くとても複雑です。

また、「生産管理」は、そのほかの、例えば、
「財務会計管理」、「販売管理」、「出荷管理」、「在庫管理」、「工程管理」、「品質管理」などとは性格が異なります。

例えば、
「会計」では、実際に取引があった結果のお金の管理です。
「販売」は、注文が入って、その注文に対して出荷した結果を管理します。

「生産管理」は、
最小の在庫でお客様の要求(納期)を満足にはどのようにすれば良いのかを決めることです。

この「生産管理」をうまくおこなうことにより企業の売上げや利益があがります。

「生産管理」には、「MRP」・「MRP2」・「ERP」・「SCM」・「カンバン方式」などいろいろな考え方、やり方があります。


また、「生産管理」は、「販売管理」、「在庫管理」、「出荷管理」、「品質管理」などと密接に関わりあっています。






[↑一番上へ]
[実務に役立つ生産管理(ホームへ)]
09:410110

運営者