生産方式の種類


■生産方式の種類について

「生産管理」をおこなうときに、必ず理解しないといけないことがあります。

あなたの会社で生産している製品の「生産方式」がどの分類に入るかということです。

今回は、どのような「生産方式」があるのかを説明したいと思います。

まず、生産方式としては大きく分けて次の3つがあります。

  1. ライン生産方式
  2. ロット生産方式
  3. 個別生産方式

です。

それぞれ説明します。
  1. ライン生産方式

    連続的に生産する製品の生産方式です。
    鉄鋼や薬品などです。

    以下のような特徴があります。
    • 品種数は少なく製品ごとに生産する量が大体決まっています。
    • 工程の生産速度を一定にして工程のバランスを保つ必要があります。
    • 不良品がでたら取り返しがつきませんでの品質をいかに保つかが重要になります。

  2. ロット生産方式

    同じ製品をロットでまとめて生産する方式です。
    製品の種類はたくさんあります。
    半導体や、部品などです。

    特徴は
    • 品種数は、たくさんあります。
      お客様仕様の製品もありますし、汎用的な製品もあります。
    • お客様からの納期に応じて納入する必要があります。
    • お客様の納期の要求より製造のリードタイムが長いケースがあります。
      在庫をいかに最小にしてお客様の納期に対応するかが重要になります。
    • 生産能力バランスをもった工程編成をおこなうことが重要です。

  3. 個別生産方式

    お客様の注文に応じた個別の生産方式です。
    船の建造や、製造装置などです。

    特徴は
    • 品種数は、お客様別に1つです。
      お客様別の仕様です。
    • 納期は、生産者が決める場合が多いです。
    • 注文ごとに手順計画や、日程計画を立てて生産します。
    • 原価管理をきちんと管理するする必要があります。

    などです。


それぞれの生産方式によって生産管理のやり方が異なります。
また、管理ツールも異なっています。

まず、あなたの会社の「生産方式」を分析しましょう。






[↑一番上へ]
[実務に役立つ生産管理(ホームへ)]
09:410110

運営者