IEと生産管理


■IEと生産管理のお話です。

皆さんは、IEを知っていますか?

「IE」とは、インダストリアルエンジニアリングと言います。


具体的には、人・機械・材料・方法・エネルギーを効率良く組み合わせて「安くモノづくりを行う」ことを実現するための技術を指します。

現場の業務改善の方法です。
IEには次のような内容があります。

  • レイアウト
  • 作業分析
  • 方法分析
  • 工程分析
  • 動作研究

などです。

かなり以前からある手法です。
これにより、日本の製造業は強くなりました。

IEを一番実践しているのが、自動車メーカーですね。

現場を改善するには、絶対に必要な知識です。

でも、環境が厳しくなり、多品種少量生産に対応するにはこれだけでは、不十分になりました。
ロット生産には、IEだけの対応では限界があります。

そこで、「生産管理システム」が必要になってきました。

現場とITの融合です。

現在は、この2つがないと「生産管理」はうまくゆかなくなっています。

現場だけが強くでも駄目ですし、システムだけ強くてもだめです。

そのため、「生産管理」は、全社でおこなうようになってきています。






[↑一番上へ]
[実務に役立つ生産管理(ホームへ)]
09:400110

運営者