生産計画の難しさ


■生産管理をおこなう場合、絶対に必要になるのが「生産計画」です。

「生産計画」がなかったら、製造部門や資材の調達部門は、自分勝手に生産したり購買したりします。

その結果、在庫の山になったり品切れをおこしたりします。

「生産計画」は、絶対に必要ですね。

でも、「生産計画」をうまく作るにはかなり難しいのです。


■生産計画は、なぜ難しいのでしょうか?

■「生産計画」には、以下のようないろいろな問題があります。

  1. 市場の動向をいかに反映するか。
    注文の状況はどうなるのか? 

  2. 納期の督促や変更に対応できるのか。

  3. 販売計画をうまく反映できるか?
    在庫の計画はどうするのか?

  4. 生産の負荷(生産能力のバランス)をいかにうまく平均にできるか。

  5. 人員計画との関係はうまくいっているのか。

  6. 原価計画との関係をうまくできるか。

  7. 資材調達がうまくできるか。

  8. 品質トラブルが起こった場合の対処はどうするか。

などです。

これらのいろいろな問題を考えて、うまく「生産計画」をたてる必要があります。






[↑一番上へ]
[実務に役立つ生産管理(ホームへ)]
09:400110

運営者