実務に役立つ生産管理(生産管理システム)


「実務に役立つ生産管理」は、一般的な生産管理についてまとめています。
ご覧になりたい方は、上のメニューの「生産管理」をクリックしてください。

このページは、「生産管理システム」について、別途まとめました。


あなたの会社では、生産管理システムを使っていますか?

そして、使いこなしていますか。

生産管理システムを、うまく使いこなすことにより
「企業間の競争」に勝ち、「売上げ」や「利益」を上げることができます。


生産管理システムには、次のようないろいろな目的があります。
  1. 在庫の低減
    部品・原材料在庫、中間品在庫、仕掛品在庫、完成品在庫などの低減

  2. 納期遅れの防止

  3. 生産能力の有効活用

  4. 生産計画のリードタイムの低減

  5. 余剰在庫の低減

  6. 管理費用の低減
    手作業の軽減:受注と在庫を取り込むことにより自動的に生産計画、原材料・部品の調達計画を作成します。

  7. 精度の向上
    計算ミスなどの低減

などです。

そして、もうひとつ重要な目的があります。

それは、「経営戦略」を満足させることです。

そのため、生産管理システムは、「頭脳」だと言われています。

この「頭脳」をうまく使うことにより「売上げ」や「利益」を上げることができます。

2000年以降、ERP、SCP、生産管理システムなどの汎用のパッケージソフトが多くの企業に導入されました。

でも、実際に生「産管理システム」を使いこなしている企業はあまり多くはありません。

何故でしょうか?

企業によって、生産形態、生産方式が異なっています。
いろいろな「生産管理システム」があります。

また、「生産管理システム」単独でうまくいくことはありません。

周辺のシステム、「販売管理システム」、「出荷管理システム」、「在庫管理システム」、「購買管理システム」などと密接に繋がっています。

難しいですね。

このホームページでは、システムから生産計画、導入など、「生産管理システム」に関する、いろいろな内容を、わかりやすくまとめました。

あなたの会社の「生産管理システム」の理解、改善の一助になれば幸いです。

このホームページは以下のような構成になっています。

生産管理システムとは

企業でのシステムから、生産管理システムの変遷、目的、特徴などを説明します。

生産計画とは

生産計画について、大日程・中日程・小日程計画、流れなどについて説明します。

生産管理システムの種類

MRPなど、いろいろな生産管理システムについて説明します。

生産管理システムの構築

生産管理システムの構築に関して説明します。

生産管理システムの導入

生産管理システムの導入について、流れと重要なポイントについて説明します。

その他

生産管理システムに関係する知っておいた方がよい内容です。

サイト内の検索


サイト内の検索ができます。
左のメニューだけではなく、生産管理システム、メールマガジンの検索もできます。
是非、ご活用ください。

Google

WWW 検索 サイト内検索




[↑一番上へ]
09:530110