生産管理システムの導入の流れ


生産管理システムの導入の流れです。

生産管理システムを「自社開発」する場合と「パッケージソフト」 を導入する場合では、若干、導入の流れが異なります。

一般的な流れです。


自社開発 パッケージソフト
1.情報戦略の明確化
・何故、何のために生産管理システムを導入するのかを明確にします。
2.導入の為の組織を作る
・どのような組織で生産管理システムを導入するかを決めます。
3.具体的な機能の明確化
・生産管理システムの機能を明確にします。
4.詳細な機能の明確化
・生産管理システムの詳細な機能を明確にします。
5.生産管理システムのソフトウェアベンダーをリストアップする。
・必要な機能を持った生産管理システムのパッケージのシステム会社(ソフトウェアベンダー)をリストアップします。
6.生産管理システムに必要なコストやスケジュールの決定
・人員、ハードウェア、ソフトウェア、コンサルティングなどのコストや、導入ステップ、スケージュールを決めます。
7.仕様書の作成
・プログラミングのための仕様書を作成します。
7.生産管理システムのソフトウェアベンダーを決定します。
・パッケージソフトを販売しているシステム会社(ソフトウェアベンダー)を決定します。
8.ソフトウェアを勉強します。
・パッケージソフトの機能、画面、使い方などを学習します。
9.ビジネスプロセスチェンジの明確化と対策の立案
・ビジネスプロセスチェンジ(生産管理システムに現状のビジネスを適合させるために必要なビジネスの変更)を明確にして、対策を立案します。
10.ビジネスプロセスチェンジの対策をおこなう。
・ビジネスプロセスチェンジの対策をおこないます。
11.プログラムの開発
・プログラムの開発をおこないます。
11.必要であれば、カスタマイズをおこなう。
・プログラムの追加や修正(カスタマイズ)をおこないます。
12.生産管理システムのための情報の準備
・生産管理システムに必要な情報を準備します。
13.システムテスト
・システム側でテストをおこなう。
・機能がきちんと動いているかテストします。
14.ユーザーアクセプタンステスト
・ユーザーがテストをおこないます。
・生産管理データが正しく作成されているかチェックします。
15.取り扱い説明書(マニュアル)の作成
ユーザーの為の取り扱い説明書(マニュアル)を作成します。
16.ユーザートレーニング
・ユーザーに対して、トレーニングをおこないます。
17.オペレーションススタート
・実際に生産管理システムを使いはじめます。
18.導入後のサポート
・生産管理システムの導入後のエラーや問題点についてサポートします。


それぞれの、重要な点については、別ページで説明します。






[↑一番上へ]
[実務に役立つ生産管理(生産管理システム)]
09:350710