情報戦略の明確化


情報戦略の明確化についてです。

生産管理システムを導入するためには、まず、何故、生産管理システムを導入するかを明確にする必要があります。
企業としての、情報戦略です。


情報を企業としてどのように使っていくかの戦略です。
企業によって、異なっています。

生産管理システムの情報戦略の例としては次のようなものがあります。

  • お客の要求に迅速に対応するために、週1回の生産計画を日時の生産計画にする。

  • 工場ごとに、生産計画を立てていたものを、全社で最適な生産計画を作成する。

  • 他社と生産の情報をリンクさせて、最適なサプライチェーンを構築する。

  • 需要予測データを取り込む。

  • 全社での生産能力の最適化をおこなう。

などです。

企業の強みですね。


一般的な、生産管理システムを導入する目的としては、次のようなものがあります。

  • 在庫の低減。

  • 計画のサイクルタイム(リードタイム)の低減。

  • 需要・受注の変動に迅速に対応する。

  • スループットの向上
    スループットとは、売上高ー変動費です。
    収益を最大にします。

  • 生産計画の精度の向上

などがあります。

とても、重要です。






[↑一番上へ]
[実務に役立つ生産管理(生産管理システム)]
09:350710