導入に必要なコストやスケジュールの決定


生産管理システム導入に必要なコストやスケジュールの決定をおこないます。

生産管理システム導入に必要な、人員、ハードウェア、ソフトウェア、コンサルティングなどのコストや、導入ステップ、スケージュールを決めます。

■1.必要なコスト

●自社開発であれば、開発に必要な、コストを明確にします。

  • 仕様書の作成人員
  • プログラムの開発人員
  • ハードウェア
  • ソフトウェア
  • コンサルティング

などのコストです。

●パッケージソフトを導入する場合でも、コストを明確にします。

導入時のコストです。

  • 人員
  • ハードウェア
  • パッケージソフトウェア
  • コンサルティング
  • アドオン(追加のソフトウェア開発)

などです。

●導入後のコストも明確にします。

  • トラブルシュート
  • ライセンス費用
  • 保守費用
  • 修正、改善費用

などです。


2.導入ステップと導入スケジュール

生産管理システムを導入するには、範囲を明確にする必要があります。

例えば

  • 工場単位で導入するのか。
  • 製品群で導入するのか。
  • 1度に全部門で導入するのか。
  • 1度に全社で導入するのか。

などです。

範囲が決まったら、どのようなステップで導入するのかを明確にします。

通常では、プロトタイプで、小さいレベルで導入します。

システムのバグの修正や機能追加などをおこない、大きいレベルで導入します。

その方がリスクが少なくなります。






[↑一番上へ]
[実務に役立つ生産管理(生産管理システム)]
09:530110