生産管理システムは何故難しいのか


「生産管理システム」は、何故難しいのでしょうか?

次のような理由があります。

  1. 「生産方式」が異なっています。
    企業によって「生産方式」が異なっています。
    「個別生産方式」、「ロット生産方式」、「連続生産方式」で生産管理のやり方が異なります。
    当然、システムも異なってきます。

  2. 企業によって「生産形態」が異なっています。
    企業によって、「工場」や「配送センター」の繋がり、「生産形態」が異なっていますので生産管理のやり方やシステムも異なってきます。

  3. 範囲が広い
    生産管理システムは、販売管理システム、資材購買管理システム、在庫管理システム、出荷管理システム、原価管理システムなどと密接に繋がっています。
    全部の機能を勉強する必要があります。

  4. 「生産計画」のやり方が会社ごとに異なっています。
    生産形態、生産方式、企業によって異なっています。
    「生産管理」のやり方が企業によって異なっていますので、「生産計画の作成方法」も異なっています。

  5. 改善のシステムです。
    「生産管理システム」は、企業の戦略や改善が入っています。
    日々の改善が、システムの機能に追加されています。
    そのため、企業によって異なってきますし複雑になっています。
     
  6. ノウハウです。
    「生産管理システム」には、企業のノウハウが多く入っています。
    実際のやり方については、外部には殆ど出ていません。
    使いこなすもの難しくなります。

  7. 「生産能力」の合わせこみが難しい
    「生産管理システム」には、「負荷計画」などがありますが、「生産能力」に合わせこんで「生産計画」を作っている企業は、あまり多くはありません。
    かなり難しい作業です。

  8. 「納期」の制約が大きいです。
    「生産管理システム」は、「納期」の制約が非常に大きく、「生産計画」の作成を困難にしています。

  9. 「ビジネス」の理解が必要です。
    「生産管理システム」は、導入しただけでは、「納期」、品質、価格を満足することができません。
    「ビジネス」を理解して「ビジネス」に合わせて、「生産管理システム」を使いこなす必要があります。

    例えば、
    「納期」の分布、「お客のリードタイム」、「代理店」と「直販顧客」の違い、「生産能力」などを理解して、最適な「生産管理システム」を使用する必要があります。

いろいろありますね。

でも、反対に、難しいから、うまくやれば、他の企業に勝つことができます。
競合が多い製品でも、生産管理システムがうまくいけば、他の企業に勝つ可能性もあります。






[↑一番上へ]
[実務に役立つ生産管理(生産管理システム)]
10:132310