週次生産計画のメリット


最近では、「週次」で「生産計画」を立てる企業が増えています。

「日次」で、おこなっている企業もありますが、本当にうまくいっているのかは、疑問です。

「週次」には、次のようなメリットがあります。

  1. 週次で新しい「受注情報」を取り込みことができます。

  2. 計画の「リードタイム」(サイクルタイム)を短くすることができます。
    短かい「リードタイム」の「受注」に対して対応することができます。

  3. 月曜から1週間が始まります。
    通常は、月曜から1週間の作業が始まります。
    「生産計画の期間」(タイムバケット)も「1週間」になっていますので対応しています。

  4. 1週間のサイクルで対策を打つことができる。
    例えば、次のように1週間のサイクルで対策を打つことができます。

    • 月曜日にデータをチェックする。
    • 火曜日に対策案を作成する。
    • 水曜日に各部署に連絡する。
    • 木曜と金曜で対策を打つ。

    などです。
  5. わかりやすい
    前述しましたが、「週」でおこなう方がわかりやすいです。

  6. 「生産計画の期間」(タイムバケット)の週(WEEK)と実行のタイミングがあっている。
    「生産計画の期間」(タイムバケット)も週(WEEK)になっていますのでタイミングが合っています。
    「生産能力」も、「週別」に入力することができます。

  7. 金曜の時点で、受注や在庫のデータを正しく入力すればよい。
    外注や、外作があると大変です。外注や外作の在庫を正しく把握する必要があります。
    「生産管理システム」を実行する曜日までに正しい、「在庫」や「受注」にしておけば、正しい「生産計画」を作成することができます。

などです。






[↑一番上へ]
[実務に役立つ生産管理(生産管理システム)]
10:132310