RFID


RFIDとは、Radio Frequency Identificationの略です。
ICチップ(ICタグ)で、無線を使って、物の情報をやりとりします。
バーコードよりも、多くの情報を取り扱うことができます。

最近では、RFIDを有効に使って生産管理をサポートしている企業もあります。

  1. メリット

    次のようなメリットがあります。

    • いろいろな情報を埋め込んだ電子タグ(ICタグ)と無線通信を使って情報をやり取りするための仕組みです。

    • RFIDでは、原材料情報、生産情報などを書き込むことができます。

    • 短時間で、正確に検品や入・出庫処理をすることができます。

    • ある程度、離れていても読み取ることが出来ます。

    などです。

  2. デメリット

    次のようなデメリットがあります。

    • まだコストが高いです。
      最近では、だいぶ価格が安くなってきました。

    • 読み取り範囲がまだ少ない。
      リーダーとRFIDをかなり近づけないと読み取れない。

    • どのように業務で使用するのか難しい。
      業務システムとRFIDの運用をどのようにするのか難しい。

    などです。






[↑一番上へ]
[実務に役立つ生産管理(生産管理システム)]
09:530110