在庫管理で困っていること(在庫管理の問題点)


■在庫で困っていること(在庫管理の問題点)

ある、大きなイベントに出展したときにお客様から、お聞きした在庫管理関係の問題点です。
やはり、一般的に言われていることが多いようです。

在庫管理は、古くて新しい問題です。
昔からありますが、今でも困っている会社が多いようです。

ある程度大きな会社は、在庫管理はできているようです。
生産管理には問題があるようですが。

在庫で困っている会社では、在庫を下げる前にまず、在庫がいくつあるか把握することが難しいようです。

原因は、大きく分けて2つあるようです。

  1. ひとつは、在庫管理をおこなうシステムが不十分、もしくは無いためです。
  2. もうひとつは、在庫管理の入力ができないことです。

■まず、在庫管理をおこなうシステムが不十分、もしくは無い原因は いくつかあります。

  • 安いソフトでは、現在の保管場所、作業に適用できない場合です。
    市販のソフトでは、複数の保管場所の対応は難しいようです。
     
  • クライアントサーバーシステムの導入を検討されているお客様は、 やはり値段の問題ですね。
    ERP(業務統合パッケージ)まではいらないそうです。
    ERPは、安くて数百万円から数千万円ですので。
     
  • またクライアントサーバーでは、システムを管理する人が必要に なります。
    システムを持った人を新規に雇うのはかなり難しいですね。
     
  • 営業所と、工場でもシステムを使いたい場合です。 

■次に、在庫管理の入力ができない問題です。

これは、

  • 製品数の多さによる難しさ
  • 在庫入力の作業の手間
  • 在庫データの入力の仕組みの問題
など、システムの問題よりも仕組みの問題、人の問題が大きいです。

バーコードスキャナを利用すれば少しは入力の手間が改善できるかもしれません。
しかし、入力するには、システムのある場所まで行く必要があります。

ハンディターミナルのバーコードスキャナを使用すれば、それに対応したシステムが必要になりますし、システム価格が高くなります。

在庫入力の仕組み作りは大変ですね。
作業者の教育、使用する帳票、作業方法をきちんと決めて作業させる必要があります。

まず在庫管理できちんと正確に在庫数量が管理されて、次に在庫削減をおこなうステップへ行くことができます。

生産管理は、これからです。






[↑一番上へ]
[実務に役立つ生産管理(ホームへ)]
09:400110

運営者