▲PAGE TOP

MRPからERPへ(ERPとは)


MRPからERPへ(ERPとは)


MRPからERPへの概念の拡大


■MRPからERPへは以下のように変わってきました。

変遷 内容
(1)MRP 1970年代、特に工場内の組立製造業で資材部門の部品展開にMRPが使用されました。
(2)MRP2 次に1980年代にはいり工場内から企業内(主に製造業)に範囲が広がり、資材部門の部品展開のみから機械、要員の工場内の生産能力計画、物流計画を含むようになりました。
(3)ERP 1990年になり、海外を含むグローバル化の進展と、管理の範囲も企業内から企業間に広がり、また製造から受注、出荷、財務、会計など企業内経営資源の殆どを含むようになりました。


■ERPパッケージの発展のしかたとしては

MRP/MRP2などの計画からの発展と、販売、人事、会計などの個別業務パッケージソフトからの発展が融合してERPソフトが生まれました。


ERPとは


「ERP」とは、「Enterprise Resource Plannning」(エンタープライズ・リソース・プランニング)の略です。
「イーアールピー」と読みます。
日本語では、「業務統合パッケージ」や「統合基幹業務システム」などと呼ばれています。

「最新のIT(インフォメーションテクノロジー)を活用した、受注から出荷までの一連のサプライチェーンと管理会計、財務会計、人事管理を含めた企業の基幹業務を支援する統合情報システム」です。


ERPの導入目的


■ERPを導入することにより
  1. 全世界の企業の業務ベストプラクティスが利用可能
  2. リアルタイムへの対応
  3. 情報処理コストの抑制
    コンピュータ関連のコストは年々増大し大きな負担になっている。
  4. 短期で安くいいものが出来る
  5. オープン/マルチベンダ環境の実現
  6. グローバル化 
  7. 統合データベースの実現
  8. システムジャングルの解消
を達成することです。


■またそれにより以下の経営の目的をも達成することです。

  1. キャッショフローの向上
  2. 在庫削減
  3. 間接コストの削減
  4. 縦割りの非効率な会社の動きの改善
などです。

これが、究極の目的です。


ERPの基本コンセプト


ERPのコンセプトとしては、

  1. オンライン統合化システム
    ひとつのデータベースを使用し受注から出荷までを一元化している。
    また購買・現場・経理検収も一元化されている。
     
  2. パラメータによるカスタマイズ
    企業の事情にあわせてカスタマイズできる。
      
  3. リアルタイム更新
    リアルタイムでデータ更新が可能である。
     
  4. データの共有化
    システム全体のデータ構造が標準化されている。 
    これによりデータの整合性と正確性が実現される。
     
  5. システムのオープン化
    他のコンピュータやシステムと接続可能である。
などです。


ERPシステム


「ERP」には、次のようなシステムがあります。
いくつかのグループに分けています。
「サブシステム」の機能と内容です。


グループ サブシステム 機能や内容
●会計システム 財務会計 総勘定元帳、売掛・買掛管理、債券・債務管理、固定資産管理、財務諸表、連結決算、与信管理、為替管理(多通貨処理) などです。
管理会計 予算管理、原価管理、利益管理、収益性分析、ABC分析、経営分析、事業計画などです。
●生産システム 生産管理 部品表管理、生産計画、MRP、スケジュール、製造現場管理、製造原価管理、製造実施管理、品質管理、設備管理、製番管理、JIT/カンバン管理、複数拠点支援などです。
在庫管理 入出荷管理、支給品管理、資材管理、棚卸管理などです。
設計管理 技術情報管理、製品構成管理、図面管理、設計変更支援などです。
購買管理 外注・仕入管理、発注管理、受入管理、返品管理、購買見積管理、購買契約管理などです。
品質管理 品質管理、品質保証などです。
プロジェクト管理 予算・計画・管理などです。
●販売システム 販売管理 需要・販売予測、受注管理、販売計画・分析、顧客管理、引合管理、見積管理、出荷管理、マーケティング、販売契約管理、営業支援、請求・売上管理などです。
●物流システム 物流所要量計画
出荷・輸送管理
輸出入管理
倉庫管理
ロジスティックス支援
●人事システム 人事管理 人員配置計画、労務管理、勤怠管理、人事考課、雇用計画、教育・能力開発支援、給与計算などです。
福利厚生管理
●メンテナンスシステム 保守・保全管理
メンテナンス
●その他 ワークフロー ワークフローです。
ビジネスプロセスの自動化です。
例えば、稟議書などを自動でおこなったりできるようです。


以上がERPのパッケージの内容です。
それ以外にも、以下のようなシステムもあります。
  • 製造管理システム
    製造の工程を管理するシステムです。

  • 製造実施システム(MES)
    製造やその計画の実施を支援し、及び管理するための情報システムです。

  • スケジューリングシステム
    工程のラインバランス(生産能力)を考えていつ投入するかスケジュールするシステムです。

  • 需要予測システム
    将来の需要を予測するシステムです。

  • 納期回答システム
    お客様の「納期」(要求納期)に対していつ出荷できるか(約束納期)の納期回答をおこなうシステムです。

  • CRM(Customer Relationship Management)
    顧客関係管理システムです。

  • 製品データ管理システム(PDM)
    製品の企画・開発から設計・製造・販売・保守、さらには、破棄までの製品ライフサイクルの各段階で、生成・蓄積・参照・変更される膨大なデータを統一的、かつ一元的に管理するシステムです。

たくさんありますね。

この中で、「生産システム」「製造管理システム」「製造実施システム(MES)」「スケジューリングシステム」「需要予測システム」「納期回答システム」などが、「生産管理システム」に含まれています。


●「ERPとは」の関連ページです。


[↑一番上へ]
[実務に役立つ生産管理(ホームへ)]
09:141102