●全ページ一覧の表示(ページ下へ移動)>>

▲PAGE TOP

ロット生産方式


ロット生産方式について説明します。

■1.ロット生産とは

JIS Z 8141の「生産管理用語」には「ロット生産」は以下のように定義されています。

ロット生産とは、

品種ごとに生産量をまとめて複数の製品を交互に生産する形態。

備考としては、
断続生産 (intermittent production) ともいい、個別生産と連続生産の中間的な生産形態。

です。


■2.ロット生産方式とは

ロット生産方式とは、

「同一行程で、2つまたはそれ以上の多くの製品(品種)について、その要求量(受注)をいくつかのロットに分割、あるいはロットにまとめ、段取り替えをすることにより生産する方式です。」

「バッチ生産方式」などとも呼ばれています。


■2.ロット生産方式の条件

ロット生産方式は、次の条件の場合に適用されます。

  1. 製品(品種)ごとに専用ラインを設置しても、採算があわない。
    需要量(受注)が多くない場合です。

  2. 段取り替えをすることにより、同一の設備で、多種類の製品(品種)の生産が可能である場合です。

  3. 製品(品種)によって、異なる加工手順を取るものがある場合です。

  4. 需要量(受注)と生産能力によって、仕掛品在庫や完成品在庫を持つことができる場合です。

などです。


■2.ロット生産方式で注意すること

ロット生産方式で注意することです。

  1. 製品の、期間別の需要(受注)を満足し、仕掛在庫を最小にするために、前もって生産するためのリードタイム、ロットサイズ、投入順序を決定する必要があります。

  2. 工程の設備の遊休時間を最小にするために、リードタイム、ロットサイズ、製品(品種)の投入順序を決定すること、および、迅速に生産能力が余っている余力を把握する必要があります。

  3. とくに、段取り替えの時間で、投入順序に影響する場合は、製品(品種)別の生産計画の総段取り時間を最小にするために、製品(品種)の投入順序やロットサイズを決定する必要があります。

  4. 機械の設備や治工具の改善により、1回あたりの段取り時間を削減することが重要です。



■3.単一工程におけるロット生産の計画方法について

ロット生産方式では、同一行程で生産される多数の製品(品種)に対し、期間別の需要量(受注)と生産能力を考えながら、仕掛在庫、工程の遊休時間、段取り回数、総費用などを最適化する、製品(品種)別ロットサイズと投入順序およびリードタイムを決定する必要があります。



[↑一番上へ]
[実務に役立つ生産管理(ホームへ)]
10:542709