▲PAGE TOP

個別生産方式


個別生産方式について説明します。

■1.個別生産とは

JIS Z 8141の「生産管理用語」には「個別生産」は以下のように定義されています。

個別生産とは、

個々の注文に応じて,その都度 1 回限りの生産を行う形態。

備考としては
連続生産の反義語。

です。


■2.個別生産方式とは

個別生産方式とは、

「注文ごとに、異なる品質、仕様、数量、納期、価格の製品を一定の保有設備能力の制約条件の下で、納期を遵守しつつ効率のよい生産をおこなうための生産方式です。」


■2.個別生産方式の特徴

個別生産方式の特徴です。
個別生産方式の項目別の前提条件です。

  1. 注文
    顧客からの引合、または注文が来る時期は、ランダムです。
    注文の内容は顧客ごとに異なっています。
    製品は、多くの部品から構成されています。

  2. 工程
    工程は、段取り替えにより仕様の異なった製品や部品の加工ができます。

  3. 加工手順
    1つの注文の加工、組み立てに必要な工程の先行関係は手順計画によって決定されます。



■3.個別生産方式の生産計画の概要

個別生産方式の生産計画の概要 です。
やり方のステップです。

  1. 引き合い
    顧客が希望する品質、仕様、数量、納期、価格に対して、受注できるか生産者に確認します。

  2. 受注選択
    顧客の引き合いについて生産者が受注を選択します。

  3. 手順計画
    製造のための加工方法、必要工程、材料、治工具、検査具、追加すべき設備、加工手順を決めます。

  4. 工数計画
    手順計画で示された、注文の各工程における標準作業時間を算定し、作業負荷量を決めます。

  5. 基準日程の作成
    注文を加工手順に従って並べ、各工程に必要な生産期間を決めます。

  6. 負荷計画
    注文の納期に応じた計画期間ついて、各工程の余力と基準日程で決められた注文の工程ごとの工数を比較し、納期内に完了するように各工程への負荷の割り付けをおこないます。

  7. 日程計画
    各注文について、工程別に作業開始・終了時刻または、注文の加工の順番を決めます。





[↑一番上へ]
[実務に役立つ生産管理(ホームへ)]
13:533105